自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > 自作パソコンのデメリット

自作パソコンのデメリット

自作パソコンのデメリット

やはり自作パソコンのデメリットについては知っておいてもらいたいところです。 まず必ずといっていいほど、完璧にはいかない部分もありますし、責任放棄に近いですが 「自己責任」にて行う必要があります。

  • 自己責任
  • 保証がない
  • 売れない
  • 同スペックで比較すると意外と高い
  • ある程度知識が必要

自己責任にて行わなければいけない

自作と付くものすべて自己責任ですが自作パソコンについても同じです。 パーツが壊れていれば初期保証が受けられますが、問題が生じようが、相性問題がでようが基本的には自分の責任で解決しないといけません。
ただtsukumoなど延長保証や相性保証を行っている店舗さんもいます。

メーカー保障がない

通常メーカー製品は保証が1年つきます。店舗によっては延長保証などがありますが 基本自作の場合は保証がありません。 ただ壊れたところでメーカーに修理を出さずに原因を自分で探りその部分のパーツを交換することで、長く利用 することはできます。

買取のハードルが高く、売却しにくい

一般的な中古品買取業者は自作パソコンを買い取ってくれません。売る方法としては知り合いに売るか、パーツ単位にしてお店に売る。 あるいはパーツ単位にしてオークションで売るか、そのままオークションで売るか。 ただし個人売買の場合は、個人情報など気をつけるようにしましょう。

以前ほど、割安感はない

以前は安いというのがメリットだったのですが、 海外メーカーの参入や、メーカー側のコスト削減のおかげでかなり安い製品が多いです。 特に自作の場合OSやofficeソフトも用意しないといけないのですが、そこの部分がかなりメーカーはディスカウントされてるよ うな気がします。 あと無駄なソフト=広告なのでそれをメーカー製パソコンは価格に還元しています。

多少の専門知識が必要

自作パソコンはある程度知識が必要です。ただ内容はそんなに難しくなく、インターネットで調べられる程 度です。 書店で売っている冊子でもよいですし、月刊誌などについてるマニュアルでも、店頭においてあるパンフレット でもよいとおもいます。 あと知り合いに自作経験者がいると、かなり心強いと思います。

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど