自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > 自作パソコン以外の選択肢 > BTOパソコン・ショップブランドパソコンの特徴

BTOパソコン・ショップブランドパソコンの特徴

海外メーカーダイレクトパソコンや、ベアボーンなどに比べてもかなり自作色が強いと思います。 実際メーカーのメモリ追加などのBTOとは違い、ベースモデルからほとんどのパーツに手を加えることが出来ま す。感覚的には、パソコンパーツショップが自作パソコンをしてくれるといった感じでしょうか。

ショップブランドパソコンの特徴

大きく分けると、完成品とBTO品があります。 完成品は、主にハイスペックを謳っていたりコストパフォーマンスが良い製品が多くなっています。また激安パ ソコンなども多いです。

BTOパソコンはほとんどECと代わりがないくらいになっています、多少パーツの選択肢は減りますが、かなり 選択の幅は広くなっています。

ただし、自分でのオリジナリティが、ベアボーンに比べて少し薄くなってしまいます。ただ最近はショップ独自 の保証が付いたりと色々メリットもあります。

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど