自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > 光学ドライブ選び方

光学ドライブ選び方

光学ドライブ

これがないとOSインストールが出来ないわけではないですが一般的には出来ません。 またCDも読み込めないので必須といっていいでしょう。 ただし最近のものは性能もよくなり価格も安いので、自分の要望を満たすものであれば 何でも良いかと思います。 ただ性能は比較的値段に比例すると思います。

割と安めのマルチドライブ(DVDへの書込みが可能)なものを持っていると便利です。 私は既に4年くらい同じドライブを利用してますが(DVD-ROM CD-R/RWのドライブ)

光学ドライブの接続形式

光学ドライブ(主にDVD/CDドライブ)での接続形式をまとめてみました。 HDDのSATA化が現在行われていますが光学ドライブに関しては、遅れているといったかんじです。 これがあるためにマザーボードはIDEをいまだにサポートしている製品が多数です。

大容量ディスクへの書込みを行う為にも今後はSATAへの以降は急速に行われると思う。 また後方互換がありSATAは変換アダプターを利用すればIDEケーブルでのUltra ATA接続が可能。 SATA形式のドライブはまだまだ少ないが、検討しても良いと思います。

インタフェース備考
ATAPIIDEケーブルにて接続可能。現在はUltra ATAと同規格。最高データ転送速度は133MB/s
SATASATAケーブルにて接続可能。HDDに比べでSATAへの移行が遅れている。2007年4月現在20製品ほどが購入可能。SATAで150MB/s、SATA2で300MB/sのデータ転送量

対応するディスク規格について

ドライブによってサポートするディスクはさまざま。 DVD対応ドライブの場合は基本的にCD-ROMに対応しています。 特にこだわりが無い場合は、さまざまなディスクフォーマットに対応したマルチドライブを利用すると良い。
スーパーマルチドライブはあると便利です。

DVDマルチドライブDVD-ROM / DVD-R / DVD-RW / DVD-RAMに対応
DVDスーパーマルチドライブ上記に加えてDVD+R / DVD+RWに対応
DVDハイパーマルチドライブ上記に加えてDVD+R DL / DVD-R DLに対応。

BD/HD DVD戦争が決着か

2008年2月中旬、東芝がHD DVDから撤退を検討、そもそもパソコン用のドライブでは次世代メディアはほぼBlu-ray 対応のものしかなかったが安心して購入できるのではないだろうか。(東芝の株価は発表で上昇と、、)

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど