自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > ディスプレイ選び方

液晶ディスプレイ選び方

液晶ディスプレイ

わたしの考えでは、ディスプレイにはお金をかけたほうがよいと思っています。長時間パソコンで仕事をしたし、写真をレタッチする場合は。 ただ最近の液晶ディスプレイは性能もあがり、当時と比べてもだいぶ良くなっています。

主流は19型。17型もまだまだ

現在の液晶ディスプレイの主流は19型ではないでしょうか。 1インチあたりのコストが一番安く、コストパフォーマンスが良いといえます。 次に17型でしょう。置き場所と予算から決めると良いとおもいます。

液晶ディスプレイの入力端子

液晶ディスプレイの端子はDIVとD-Subがあります。

DVIデジタル信号による接続を行う。D-Subに比べて信号の劣化が少なく画質向上が期待できる。
D-Subアナログ信号よる接続を行う。最近はメーカー製もDVIに移行しつつある。

性能的にはDVIのほうが良いですが、オンボードのグラフィック機能ではD-Subしかサポートしていない場合があります。 ただし将来性を考えると、DVI端子が搭載してあるものが良いでしょう。今はDVIとD-Sub両方が搭載されているディスプレイが多いです。

液晶ディスプレイ選びのポイント

  • D-Sub / DVIの端子が付いている
  • 応答速度は1/16以上
  • コントラスト比は1:600以上
  • 輝度は300cd/m2以上

液晶ディスプレイの解像度

液晶ディスプレイの解像度についてまとめてみました。

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど