自作パソコンの作り方

メモリをテストする

メモリの相性問題や初期不良、故障などはなかなか気づきにくいです。 たとえば電源などは、故障すれば通電しないなどというのがわかりますし、マザーボードは電源を入れても立ち上がらなかったり、 CPUの場合は、BIOS上でエラーが出たり。

メモリの厄介なところは、意外と起動してしまう点。 自作パソコンでくみ上げる際や、何か問題が起きた場合、新しいメモリを追加した場合などは、メモリのテストを行いましょう。 私も一度、回収品になったメモリを使ってはまったことがあります。OSインストール中に途中で止まってしまうという不具合。 FDDを丁度持っていなく、CDドライブを買い増ししてしまいました、、、

代表的なメモリチェックツール

大抵の場合が、BIOS上でのチェックになりますので、起動ディスクとして認識されるものに、プログラムを入れる必要があります。 主にFD(フロッピーディスク)か、最近はCD-ROMでも代用できます。またマザーボードによってはUSBメモリでもいけるかもしれません。 かなり利用頻度は下がりましたが、自作をする場合FDDは安いので1つ持っていると良いかもしれません(常に装着する必要は無いと思います)

  • Memtest86
  • MemScope

Memtest86は定番中の定番、またPCパーツショップなどでも利用しているみたいです。MemScopeについて私は最近しったのですが、 なかなか性能はよいようです。両方実行方法はほぼ同じです。

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど