自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > パーツ選びのコツ

パーツ選びのコツ

自作パソコンを作成するに当り最低限の構成と、パーツ選びのワンポイントをまとめてみました。

CPU

一番最初に利用したいCPUを選びます。(もしくはマザーボード) ここが決まるとほとんど選ぶべきメモリとCPUが決まってきます。
\10,000〜\50,000

マザーボード(M/B)

CPUと順番が逆でもよいですが、個人的にはCPUを一番最初に選ぶのがベターだと思います。 CPUのSocketと合うM/Bの中から選択します。予算と機能の兼ね合いで。 日本語マニュアル付属製品が○。ATXは大きいケース。MicroATXは小さいケース。 グラフィックボードを購入予定ない場合は、オンボードVGAがついているものを。
\10,000〜\20,000

メモリ

マザーボードが決まると、そのマザーボードに搭載可能なメモリが決定します。 予算に合わせた容量を選択すると良いと思います。
1GB \10,000で計算

ハードディスク

今のマザーボードには大抵SATAというインタフェースで接続できると思います。 SATAのハードディスクで予算に合わせた容量を選択すると良いと思います。 (増設が比較的楽なので、予算のブレを吸収できます)
300GB \10,000で計算

光学ドライブ

ドライブに特にこだわりが無ければ、目的を満たすものを選びます。 一般的にはDVD-R/RWのマルチドライブがよいかと。ここも予算のブレを吸収できますが なかなか交換できないことを念頭に置いた方がいいです。
\15,000

電源

最近は当りはずれがあまり無いので、特にこだわりがない場合は、ケース付属の電源でも良いと思います。 最近のCPUは消費電力が少ないですが400W以上あると安心。

ケース

マザーボードにより違います。ATXが一般的。MicroATXは比較的数が少ないですが、おしゃれなものが多いです 。 電源搭載のケースはお買い得だと思います。
\10,000

ディスプレイ

グラフィックボードを搭載するかどうかで変わってくる部分はありますが、DVI端子とD-Sub端子が搭載されてい るものなら安心。 コストパフォーマンスが最も良いのは19型ディスプレイ。場所と予算によっては17型でも問題ないと思います。 お好みのものを。 端子さえ会えば今利用しているものを再利用しても問題ないです。
\30,000

キーボード・マウス・スピーカー

予算次第。こだわりがなければセットで特化で販売しているものもあるし、今利用しているパソコンの物を流用 しても大丈夫です。
\5,000

OS

ショップで一括で購入する場合、基幹にかかわる部品を購入すると、OEM版の正規Windowsが入手できます。 大体単体で買う半額〜の値段設定でお得だと思います。HDDなどを購入するお店においてあるかチェックしまし ょう。 自作の場合はOEM版を利用するようにしましょう。値段面でも大きなメリットになると思います。
WindowsXP pro OEM \17,980 (パッケージ \36,800)
※ドスパラ2007年4月時点(FDDとセット価格)

officeなどのソフトウェア

どうしてもofficeがほしいが予算がさけない場合。OpenOfficeOrgという互換ソフトがあります。 お試しください。

以上が自作パソコンの最低構成になると思います。他に自作パソコンを作るうえでカスタマイズできたり 交換できたりするパーツを簡単に紹介します。詳細は別途別のページにて紹介したいと思います。

グラフィックカード

マザーボードにグラフィック機能がない場合は購入しなくてはいけません。 また3Dゲームを行ったりデュアルディスプレイを構築したい場合も必要です。 ゲームの場合は、やりたいゲームの最低動作環境を確認して、それを余裕に超えるようなスペックのものを 購入すると、快適に動作すると思います。

サウンドカード

マザーボードにサウンド機能がない場合は購入しなくてはいけません(ほとんどの場合搭載されています)
またパソコンで5.1ch再生をしたい場合、DTMや音楽編集をしたい場合、レコードを録音したい場合などは 必要になります。常に音楽を聴くというかたもあったほうが良いと思います。
【関連】パソコン音楽環境改善計画

キャプチャーカード

TV視聴、録画がしたい場合は購入する必要があります。 できればハードウェアエンコードというタイプを選択すると、快適だと思います。

その他、カード類

eSATAカードやRAIDカード、USBカードやIEEEカード、複合のカードなどさまざまなものが発売されています。

CPUクーラーなどの静音グッズ

自作パソコンは比較的音がうるさいです。ただ最近の純正のCPUクーラーは静かに作られていますが サードパーティー製のCPUクーラーや、防音シートなどが販売されています。

電源

付属の電源がうるさい場合、容量が足りない場合などは購入する必要があります。 最近は高性能の電源が多く発売されています。

他にもパソコン用のパーツは沢山売られています。雑誌や店頭などを見てみましょう。

▲上部へ

自作パソコン用語

ページ内の用語をまとめました。色が変わるものは 詳細情報へのリンクです。

CPU
処理をするところ。パソコンの基本性能を決める。

マザーボード
パーツの母艦。パーツをマザーボード上でつなぐ。

メモリ
CPUと組み合わせて処理するところ。基本性能が決まる。

ハードディスク
データを記録するところ。

光学ドライブ
DVDやCDを読み込むための装置。

電源
すべてのパーツの原動力。規格に注意。

ケース
おしゃれなケースからフルタワー、HTPCケースまで。

ディスプレイ
お好みで。接続環境には注意(DVI D-sub)

キーボードなど
お好みで。

OS
自作をするならOEM版(DSP版)を購入しましょう。

officeなど
フリーソフトで代替可能。

グラフィックカード
オンボードグラフィックがない場合は必須。

サウンドカード
オンボードサウンドがない場合は必須。

キャプチャカード
録画可能な自作パソコンを作成したい場合はぜひ。

静音グッツ
実は意外と五月蝿い自作パソコン、作成が終わったら静音かしら、、

OS
自作をするならOEM版(DSP版)を購入しましょう。

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど