自作パソコンの作り方
自作パソコンの作り方トップ > 自作パソコンの予算

自作パソコンの予算

自作パソコンは自分の予算に合わせて作成することができます。 予算をたくさんかけてハイスペックなマシンを作るもよし、最低限の構成で作るのもよし、あえて低スペックのパソコンを作成するのもよし。

また、ディスプレイやケースなど基本的には好みの部分は予算は作成者次第になります。今回は一般的な価格を当て込んでおきます。 意外と削ることが可能です。

一般的なスペックのマシン

今主流のデュアルコアCPUにメモリを1GB積んだ構成

パーツ予算備考
CPU¥15,000メインストリーム
メモリ¥10,000DDR2 1GB*2本
マザーボード¥15,000一般的なATX
電源¥10,000650Wクラスの質の良いもの
ハードディスク¥12,000SATA 500GB
ドライブ¥8,000バルクのDVD-R DL対応
ケース¥10,000それなりに良いやつ
ディスプレイ¥23,00017インチDVI液晶
ビデオカード¥12,000一般的なもの
サプライ¥5,000マウスキーボード
OS¥12,000windowsXP HOME(OEM)
合計¥132,000

マザーボードにグラフィック機能が付いていて、ゲームなどをやらない場合はビデオカードは不要になったり、 ケースを格安のものを利用したり、マウスキーボードを今利用しているものを使ったりするともっと安くなります。

ハイエンドスペックの自作パソコン

ハイエンドの自作パソコンにするのであればCPUをクアッドコアにしても+¥20,000の¥35,000。 メモリを4Gにしても+¥10,000の¥20,000。 グラフィックボードを最新のものにしても¥25,000もあれば足ります。

それと見た目の部分で、ケースが高いもので¥30,000弱、マウスキーボードで¥20,000。ディスプレイが¥40,000

¥200,000強あれば問題ない

このようにハイエンドに持っていってもよほど大変なことをしない限り¥200,000前後くらいかと思います。 Officeが必要な場合は別途必要になりますが、フリーソフトで代替は可能です。

少しずつアップグレードも楽しみ

合計では多少お金がかかるものに、徐々にアップグレードしていくよいう楽しみ方もあります。 ただし大抵の場合は1台作ったら当分いじらないので、自分の組みたいパーツで組むというのが一番ではないでしょうか。

▲上部へ

更新履歴

リンクを1件追加しました(2010/03/31)

部分的に修正しました(2009/06/20)

Core i7 対応が遅れましたがCore i7に対応しました。 (2009/01/10)

部分的に修正しました(2009/01/11)

リンクを3件追加しました(2008/07/14)

Phenom 9000 Phenom 9000番台をメンテナンスしました (2008/06/02)

Core 2 Extreme Core 2 Extreme QX9775をリストに追加 (2008/02/28)

光学ドライブ選び方 一部加筆しました。 (2008/02/15)

intel Core 2 Duo (Penryn) Penryn Core 2 Duo Tラインアップ追加 (2008/01/23)

intel Core 2 Duo (Penryn) 新しく発表されたPenrynコアのCore 2 Duoラインアップ追加 (2008/01/09)

パソコンのフリーのハードウェアベンチマークソフトの紹介。 フリーのベンチマークソフトの紹介(2008/01/07)

自作パソコン基礎知識

自作パソコン作成手順

資料・コラムなど